【スマホ】iPhone ウイルス感染確認と対策方法

パソコンの場合セキュリティのための対策のソフトが色々あって、ウイルスにある程度対策ができるのだが、スマホウイルスはあまり気づかない人も多いでしょう。PCに比べてリスクは低いもののiPhoneなどのスマホもウイルスに感染する可能性があります。AppleとGoogleも感染しないように対策を取っているようです。

では、スマホのウイルスはどのようなものか調べてみましょう。

 

iPhoneウイルスにかかる原因は?

iPhoneもPCと同じくウイルス感染のリスクがございます。iPhoneがウイルスに観戦させると、もしかしたらiPhone内に保存している個人情報が漏れる可能性がございます。スマホでの決済が多い最近、このようなことは気をつけるべきでしょう。

iPhoneなどのスマホの場合、「不正アプリ」をインストールしてしまうと、ネットハッキングやECサイトなどのログイン情報や決済情報などの情報を盗まれる可能性が高いということです。

それ以外の被害としては、変な広告が出てきたり、端末が不正に操作されたりする場合があるかもしれないです。

 

 

iPhoneがウイルスに感染されている可能性は?

iPhoneやAndroidのスマホがウイルスにかかっている可能性がある場合、以下の症状が見えてきます。

 

・スマホの動作が重くなる

・バッテリーの減りが早い

・何度も勝手に電源がついたり消えたりする

・勝手にアプリが起動される

・アプリを開くたびに広告が勝手に表示される(広告を対応していないアプリであっても)

・勝手にデータが転送される

・勝手にアプリをインストールする

・Safariの初期ページが勝手に変わる

・勝手に個人情報を転送する

 

こちらからいくつかの症状が発生した場合、ウイルスに感染している可能性が高いです。

しかし、最近の場合、こっそりとウイルスが動くことが多いので、自分のスマホがウイルスにかかっているかどうか確認することがやや難しいです。

したがって、自分の大事な個人情報を守るためにはウイルス感染対策をとることが必要です。

 

iPhoneウイルス対策は?

まずは、「不正なアプリ」はインストールしないことであるでしょう。

なるべく、App Storeの正式版のアプリをダウンロードすることでございます。

元々のiPhoneはApp Storeを経由しないアプリのインストールはできないです。しかし、特別な方法を利用するとその制限を無くしてインストールができます。なるべく、このようなアプリのインストールは避けた方が良いです。
Appleの審査を受けていないため、安全とは言いづらいです。

 

アプリのアップデートする

iOSバージョンを更新せずに放置しておくと、アプリのウィークポイントが放置されたままでウイルスに感染されやすいです。

ウイルスに感染したPCをiPhoneにつなぐこと

すでにウイルスにかかっているパソコンをiPhoneにつなぐことで、パソコンのウイルスがiPhoneに繋がる場合があります。したがって、なるべくこのようなパソコンとの連携は避けましょう。

 

iPhoneの脱獄を行わない

脱獄とは、iPhoneをそのまま使用することではなく、不正に改造し、自由度をあげたり、拡張することができる物です。旧バージジョンのiPhoneなどでは利用されていたのですが、最近はあまり利用されていないようです。

脱獄をしてしまうと、正規の修理サービスをもらうことができなく、デメリットが多いと思います。したがってなるべく行わない方が良いです。

信頼できないWi-fiを接続しない

誰でもアクセスできるWi-fiは、悪意を持った人がウイルスなどを仕込みやすくなります。全てのWi-Fiが危険ではないのですが、安全とも言えないでしょう。

ウイルスを送るためのWi-Fiを存在しているため、提供元が不明瞭なWi-Fiはアクセスしない方が良いです。

 

大体iPhoneは規制が強く、ウイルスに強いと言われていますが、間違った使用法によって、ウイルスになりやすいスマホを作らないでください。