マダニ 対策! 殺し方 症状 治療薬について

人を苦しませる害虫の中で思い浮かばせるものは蚊があると思います。一回刺されると痒くなり、皮膚も腫れたり、特に顔に刺されると治りづらいのもあると思います。この蚊以上に恐ろしいものがあります。「マダニ」でございます。

このマダニに咬まれたら、発熱を怒ることはもちろん、時には死亡まで至る場合もございます。

したがって、なるべく咬まれないように注意すること、咬まれたら早速の治療が重要となります。

 

では、このマダニに注意するためにどうすれば良いか調べてみましょう。

 

マダニの治療方法とは?

マダニの致死率は29%程度でございます。このマダニに咬まれた場合、治療薬があるかとしたら、今のところ有効な治療薬はない状況でございます。

したがって、マダニにはなるべく咬まれないようにすることが大事でございます。

もし、咬まれた場合には早速病院へ行きましょう。

 

マダニに咬まれない対策は?

マダニに咬まれない対策としては、皮膚をなるべく露出しないことがあります。

夏でやや暑いのもありますが、芝を踏むときや公園にいく場合には、長袖、長ズボンを履くことである程度予防ができます。素足のサンダルで公園を歩いたりするとマダニに咬まれる可能性も高いでしょう。

また、公園や外から帰ってきた時にはその服を早く選択に回した方が良いです。

なぜならば、マダニが洋服にくっついている可能性もあります。

 

また、虫除けのスプレーとかを携帯したなが塗ることが効果的であると思います。

足首など地面から近いところに虫除けスプレーをすることで、マダニの対策ができます。

 

マダニの殺し方とは?

マダニに咬まれたら、できるだけ早くマダニに吸血されないようになるべく早めにとることが必要です。

マダニに咬まれたら、1日〜2日以内ですとワセリンを使って、除去できます。

30分程度マダニの個体が外れやすくする除去方でございます。ワセリンに限らず軟膏やバターとかでも効果はあるらしいです。

ワセリン法はマダニが咬まれた部位にワセリンを塗って、ピンセットを利用してマダニの個体を持って、軽く左右にこじりながら優しく抜く方法であります。

 

また、このマダニに咬まれていることが確認されましたら、なるべく早めにマダニを取り、ピンセットで撮りにくい場合には早速病院へ行きましょう。

 

マダニの症状について

マダニは重症熱性血小板減少症候群(SFTS)を起こすウイルスを持っています。したがってなるべく咬まれないように注意をする必要があります。

マダニに咬まれたら、その上昇はすぐには現れないですが、6日から2週間程度の潜伏期間がございます。

この潜伏期間を経て、原因不明の発熱、食欲低下、下痢、吐き気などが出現します。

時には、頭痛、痙攣、麻痺、筋肉痛、せき、出血症状などを起こす場合がございます。